ブログとホームページの違い

形態は同じ
ブログとホームページ(ウェブサイト)の違いって何でしょう?実は形態的には同じです。ブログはホームページの一形態なのです。
しかし『制作』という面に着目しますと、大きく違うことがわかります。早い話、ブログはホームページの進化版です。
どのように進化したのか?
ホームページは、プログラム言語であるHTMLを把握しておく必要があり、デザイン管理もCSSで制御しなければなりません。また更新では、その度にリンクの追加やページ構造の最適化を行う必要があるなど、何かと手間暇がかかります。
このようなホームページの問題点を改善し、初心者の方が扱いやすいように進化したのが『ブログ』です。ブログは難しい知識が必要ではなく、キーボード操作とマウスでのクリックができれば記事の更新ができます。また初心者の方でも『オシャレなデザイン』を設定することができるなど、『簡単さ』が売りとなっています。
なぜ初心者の方にも簡単なのか?
実はブログを“最初から制作”しようとすれば、システムを構築するなど、大掛かりな作業が必要となります。そのため並大抵の知識では務まりません。何を隠そう私は、ホームページの制作はできますが、一からブログを構築する知識も力量もありません。
ではなぜ初心者の方にも簡単に作れるのでしょうか?これは早い話、ブログはシステム化されており、ほとんどの土台が出来上がっているためといえます。要するに人間で言えば、『骨格』がすでに出来上がっている状態です。
そのためあとは、それに『肉付き(文章などのコンテンツ)』を加えるだけで一つのものが完成されます。そしてその『肉付き』は、文章を書く程度のキーボード操作ができればOKなのです。
そのためブログは、初心者の方にも簡単に制作できるのです。
同様なデザインばかり?
上で、ブログはシステム化されており、ほとんどの土台が出来上がっている状態といいました。そのため思考が鋭い方は「すべて同様なデザインなのではないか?」と思われるかもしれません。
しかしそこがブログのすごいところなのです。ブログデザインは『テンプレート』と呼ばれており、ほとんどがプロのデザイナーによって描かれています。そしてその数は何種類も用意されており、それぞれが満足のいくテンプレートを選択することができます。またちょっとしたアレンジを加えれば、世界に一つのだけのものを制作できます。