ブログの基礎

ブログとは?
ブログとは一言でいうならば、更新が簡単な日記的Webサイトであるといえます。更新作業や構造化はシステム化されており、その制作や記事更新などはとても簡単なものとなっています。
そのため今では、小学生から社会人、シニアという幅広い世代で利用されています。
ブログの利用法
ブログの利用法にはさまざまなものがあり、これといって決まってはいません。
基本的には日々の日記を綴るのがメジャーとなっていますが、趣味に関することを書いたり、自分の主義・主張を書いたり、ある事象を分析・批評したり、社会風刺の道具として利用したり、ニュースや専門的なことを扱ったり、アフィリエイトでお小遣い稼ぎをしたり・・・などさまざまです。
そのためブログの利用法は、人の数だけ存在するといえます。
ブログの機能
ホームページ(web サイト)と大きく違って、ブログにはコメント機能が標準装備されています。
そのため運営者と閲覧者の交流がダイレクトにでき、意見交換や建設的議論が可能となっています。また日記ブログにおいては、お互いにちょっとしたコメントを付け合えるなど、コミュニケーション手段の一つとなっています。
また他のブログ特有の機能には、他の人の記事と連携できるトラックバックがあり、関連性の高い記事同士を結びつけることができるなど、情報の最適化が可能となっています。
現在では個人だけでなく、複数人のグループでもブログ運営・記事投稿ができるなど、その機能は日々進化しています。
ブログの語源
インターネットの普及とともに、自分のホームページ(webサイト)を運営する人が増加しました。そしてその中には、ホームページ内で自分の日誌や日記を記録(log)する人がでてきました。
しかしホームページには、更新のたびにリンクの追加や構造の最適化を手動でしなければならないという欠点があり、更新作業が簡単なweb サイトシステムが必要とされました。
そしてそのような中、ホームページでもない、かといって紙の日記でもないwebサイトを簡易にlogできるツール、すなわちウェブログ:weblogが開発されました。
実は私たちが普段使うブログという言葉は、省略された言葉で、ウェブログが語源となっています。