ホームページの制作費

はじめに
インターネットの普及とともに、大企業・中小企業をはじめ、今では個人事業者までもがビジネスサイトを運営しています。一般的にはウェブサイトとして『ホームページ』が主流となっていますが、この『ホームページ』、実は非常にコストがかかってしまいます。
それは、『HTML』や『CSS』というプログラム言語を知らなければサイト構築ができず、結局、外部の業者に依頼せざるをえなくなるからです。こうなってくると、相手方の制作費や人件費、月額の維持費、更新費・・・などなど予想以上のコストがかかります。
ホームページ制作にかかる料金
一般的に、ビジネスに活用するホームページの構築には、製作段階で『30万円以上』ビックリするところでは『50万円以上』なんていうところがあります。
その内訳は、基本設計の企画で『5万円』、Flash作成で『7万円』、デザインやHTML構築で『15万円』、問い合わせホームの設置で『3万円』、その他諸々・・・
そしてさらには『オプション』なるものがありますので、結局半端ではないお金を支払わなければならなくなります。資金が豊富な会社であれば問題ないかもしれませんが、小さい会社にとっては厳しいものです。
ホームページの維持費
実はホームページの制作段階だけではなく、制作後にもお金がかかります。それは『維持費』と『更新費』です。
ホームページはサーバーといわれる場所に設置する必要がありますので、そのサーバー代を業者に毎月支払わなければなりません。毎月『5千円』くらいです。
そしてサイトのデザインや文章の変更、ページの追加などでも更新費として『1万5千円』くらいかかります。
こうなってくると『ビジネスサイトの制作によって得られる利益よりも、それにかかるコストの方が大きくなる』なんていう笑うに笑えない状況になります。
ビジネスをやっていく上では『損益分岐点』を常に考慮する必要がありますので、これでは未来はありません。
ブログの制作で代替
上記などの理由から、企業などは最近、ビジネスサイトとして『ブログ』を活用するところが増えてきました。これは、ブログの制作が安価で行うことができるとともに、更新やページリニューアルが素人の方でもできる、すなわち『更新費』などの大きなコストを削減できるためです。
また都合の良いことに、ブログはホームページの進化版ですので、カスタマイズしだいではホームページのようなデザインにでき、『風格』を持たせることもできます。
このようなために、ビジネスサイトをブログで代替する企業が増えています。